アマチュアでも作りたい本が作れる!冊子印刷の魅力を紹介

印刷

冊子印刷は何を重視するかによって変わる

研究レポートや小説、写真集やオリジナル漫画などを作りたい場合は、冊子印刷をしてくれるインターネットサイトを探すと思います。モノクロからカラーまで選べますので、自分の予算やどういったものを作りたいかでデザインが変わってくることでしょう。ほとんどの冊子印刷サイトが少数からでも作ってくれますので、友人に配ったり、お試しで利用してみることも可能となっています。冊子のサイズや文字のフォントまで幅広く対応していますので、こだわりがある方も楽しめることでしょう。冊子印刷をしてくれるサイトはたくさんありますので、どのサイトを利用しようかと悩む方もいらっしゃるかと思います。
そんな時は、自分が一番何を冊子印刷に求めているかで決めるといいでしょう。サイトによっては出せる予算が少なくてもそれなりの高品質を提供してくれるところもありますし、スピーディーに印刷作業を行ってくれるところもあります。作る部数によって送料が無料になるサイトもありますので、どの部分を重視するかによって様々なパターンが考えられることでしょう。その中で一番自分が気に入ることを提供してくれるサイトを利用すると納得できると思います。最初はお試しとして利用してもいいので、まずは利用してみることをおすすめします。

冊子印刷を業者に依頼するメリット

近年、自分史や小説、漫画や写真集、アルバムなど自分で冊子を作る人が増えています。様々なデータ化が進んでいる中、本当に気に入ったもの、後に残したいものは冊子という形で残しておきたい、そう考える人が増えているのです。
冊子印刷なら、自宅やオフィスでプリンターなどで行うよりも、冊子印刷業者に依頼する方がお勧めです。
業者に依頼するメリットは何といっても質の違いです。まず自宅やオフィスのプリンターで使用されるインクと、業者で使用するインクとではその種類もカラーの数にも差があります。業者で印刷したものはその仕上がりも全く違い、鮮明なものとなっています。
そしてコスト面でも業者に依頼するメリットは高くなります。自宅やオフィスなどで印刷をすると、カラー印刷の場合は非常に多くのインクを用意しなくてはなりません。人件費などのコストも馬鹿になりません。その点業者に依頼するとこうしたコストを削減する事ができます。さらに部数が増えれば増えるほど安くなるので、お得感はかなり出てくるでしょう。
さらに出来上がりまでのスピードも違います。オフィスなどで大量に冊子印刷をすると、プロではないのでそれなりに時間も掛かりますし、他の業務に支障が生まれてしまいます。冊子業者ならこうした弱点も克服できます。

冊子印刷における長期保存なら上製本で

冊子印刷は読んで字のごとく、冊子になるように表裏に印刷をする事です。冊子印刷会社ではこのように冊子印刷をしてから様々な方法で製本を行います。用途も非常に多く、個人だけでなく、学校や企業などでも多く利用されています。例えば個人の場合は自分史や小説、同人誌などに、学校の場合は論文や文集、問題集などに、そして企業の場合はセミナー資料や社内資料、報告書など、非常に多くの用途で利用されています。
製本にはハードカバーの上製本と、ソフトカバーの並製本がありますが、長期保存に優れているのが上製本です。
上製本は印刷した本をしっかりと糸で綴じ、その後厚いカバーで覆うものです。記念誌や絵本、写真集などしっかりとした作りのものを作成したい時に使用する事が多くなっています。カバーは厚い紙製のものもあれば、中には布や革を用いる場合もあり、高級感のある仕上がりにする事ができます。
上製本のメリットは先ほども述べたように、長期保存に最適ということです。中身をしっかりとカバーしているので、本の痛みも少なくなります。綴じ方も糸なので、中身もしっかりとしています。記念として後々も残しておきたいという時には最適の製本方法です。
但し、料金が高いということ、そして製本に時間が掛かるという点だけは注意しなくてはなりません。

TOP